世界夜箱@
世界のディスコに行こう★
DSC01480.jpg


■世界を旅をするには人生はあまりにも短い

酒場を巡ったり、クラブへ通いつめるのにも・・・ 

外の魅力にどっぷり魅了された人 

または旅中毒も末期というぐらいの人であれば 

そんな辛さを秘めているであろう

もちろん日本の夜遊びはおもしろいです

しかしワングローバルな今でも世界は広い

音・空間・酒を楽しめる世界の箱に

突撃したいと思います。

これを見て旅に行きたくなったり  

旅先で被害にあわれても

一切責任は負いませんのでご了承を  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC01471.jpg

バンコクの箱はプロの娼婦ばっかりのディスコといった
一昔前のイメージという偏見はいらないだろう。
パッポンのルシファーやスクンビットSoi23あたりにには
そんな腐った箱は存在はしている。
客層は店にもよるが主に20代が大半で
音楽は空前のヒップホップブーム。
続いてハウスやドラムンベースやサイケ等。
テクノやトランスはバンコクでは流行していない。
ヤーイ・ヤーバーの巣といった箱はほとんどないのでご安心を。
タイ人同士のナンパもよく見られ、
グループで酒を飲む合コン会場のような所も多い。
踊っているのは通常は大体2~3割ぐらい。
酔って歌ったりナンパしたり飛び跳ねたり、
右へ習え的な日本人的なノリと比べると個々で
音楽を楽しめれているようなので見習うべきところも多い。
盛り上がりのピークは23時頃だろう。
閉店時間が基本的に1時から2時のため盛り上がり
時間は日本とは異なる。
中には時間外営業の箱るが大きな店舗ではまずありえない。
入場料を取る所は少ないが料金は店やイベントによりピンきりで
ドリンク代は高めの設定。
服装にはわりとうるさいためゴルフシャツに
サンダルでは辛いものがあるだろう。
パタヤーは娼婦や3LのよれたTシャツで
人生の終点へ近いオヤジ、
現地のビーチマフィアのタイ男で溢れた箱が多く
、それに比べサムイ島では同じ欧米人(ファラン)とは
思えないハイソな連中が箱を占領している。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。